MENU

このサイトは、Internet Explorerでの表示に対応していません。

Google Chrome、Microsoft EdgeまたはFirefoxからご覧ください。

成婚ストーリー

「恋愛経験がなくて不安」から始めて、今幸せいっぱいです

S希さまは、目鼻立ちの整った美人さん。ひなたのご縁で1年2か月婚活し、昨年末ご婚約し退会。先月ご入籍されたとの連絡をいただきました。

S希さまは、これまで男性とのお付き合いを経験したことがなかったそうです。
一人はいやだな~って。でも婚活を始めようにも、そもそもどうしていいか分からず、マッチングアプリを検討したんですが、家族から反対され、結婚相談所を検討しました。

結婚相談所をネットで調べるようになり、鹿児島の結婚相談所に無料面談に行かれたそうです。

ちょっと対応が微妙に感じて、鹿児島以外に目を向けようって思い、ひなたのご縁へ行きました。上原さんの感じもよかったんで入会をきめました。

結婚相談所のカウンセラーにも相性って大切です。S希さまと私は相性が良かったということです。

ちょうど鹿児島の会員様も増えており、ご成婚カップルも増えてきていました。宮崎と鹿児島では、県民性も似ていますし、何よりS希さまのお人柄に惹かれ、応援したい気持ちになりました。

S希さまとは、何度もプロフィールを見直したり、S希さまに合う相手を考えたり、落ち込んだ時も嬉しい時もたくさん一緒に過ごした、印象深い女性会員様です。

S希さまと旦那様、ご入籍してひと月後。S希さまご夫妻と先日zoomでお話しをしました。

今回は、旦那様も交えて、S希さまの婚活を振り返っていきたいと思います。

旦那様と出会うまで10カ月

遠方でもスムーズに活動スタート

S希さまは、ご入会準備で2回、宮崎までお越しいただきました。

  • 1回目→初めての無料面談、契約前のご契約書をお渡しする
  • 2回目→ご契約、写真撮影、プロフィール面談
ひなたのご縁では、無料面談時でのご契約は行っていません。ご契約をお決めいただいた方にも、契約書類をお渡しし、次回お会いする際にご契約を行います。

またS希さまには必要ございませんでしたが、おススメする美容室や洋服ショッピング同行をする場合でもなるべく1回目で終わるように時間調整をしています。

宮崎までは電車で行っていましたが、撮影も面談も楽しくできました。婚活中の面談では、数回宮崎・都城まで行きましたが、もともと移動は苦ではないんですよね。

S希さまの魅力の一つに、フットワークの軽さがあります。婚活では本当に大切で、旦那さまとのご縁が実った理由の一つだと思います。

婚活中のご面談もオンラインだけではなく、2.3カ月に一度は宮崎まで来ていただいてご面談をしていました。

お見合いは積極的に受けるスタンス

S希さまは、ご自身に届いたお見合い申込みは、積極的に受けていました。

上原さんもよく話していましたが、「お会いしてみないと分からないよね」って、私も思っていました。
大きな年齢差がある方や明らかに合わなさそうな方からのお見合い申込があれば、私のほうでお取次ぎをしないようにしていました。

好きになれなくて、婚活疲れに

旦那様と初めてお会いするまでの1年弱。交際に進んだお相手も複数いらっしゃいましたが、なかなか先に進むことのできないS希さま。

『性格はいいんだろうけど、タイプじゃない』と前に進めないのはどの方も同じです。

性格や人柄がいいって分かっていても、恋愛感情が芽生えることがなくって、何回もそれを繰り返すうちに好きになる人が出来るのか不安に思うようになっていきました。
よく結婚相談所の婚活って「10年先の幸せを考えて」なんて聞きますが、私は「今のトキメキ」だって大事だと思います。

”10年先”なんて漠然としか分かりません。でも、“今この瞬間”は、ハッキリしています。

”10年先”と“今この瞬間”のバランスが大切です。

都城での面談から一気に好転

落ち込んだまま、お見合いを続けていても、なかなかうまく行かないものです。

『申し込まれたお見合いをこなしていく』のが続いてしまい、S希さまは婚活疲れに陥ってしまっていました。

そんな時って面談もしんどいですよね。ただでさえ遠いのに、ひなたのご縁に来るのも嫌になってしまうものです。

そんな時は、ひなたのご縁サロンを出て、外でお話することも多いです。S希さまとは、近隣のお店でホットドッグを食べながら話すこともありました。

この時のご面談は、都城の牛丼チェーンの松屋。安いお店で申し訳ないのですが、お食事しながらのご面談でした。

数か月うまく行かないことが続いていて、「もうダメだ」っていう気持ちと「諦めたくないな」って思う気持ちがどっちもありました。

鹿児島の自宅に帰り、届いていたお見合いを受けることを決めていただいた、S希さま。

この日にお見合いを決めたお相手こそが現在の旦那さまです。運命って分からないものですね。

旦那様との出会い

気が重かったお見合い当日

婚活への気持ちが薄れたまま、迎えたお見合い当日。

お見合い場所に早めに到着して、お席で旦那様を待っていましたが、その時間も気が重かったそうです。

「今回もダメだろうな~」と思っていたようで、思えばこれまでの婚活の中で一番のどん底にいたタイミングだったように思えます。

声がよくって癒される方だなって

S希さまより少し遅れて到着した旦那様。お会いしてみると思いのほか、楽しい時間を過ごせたそうです。

実際に会うと、プロフィールとは違う印象を受けることも多いんですが、彼はプロフィールそのままの感じでした。口下手な私でも話しやすくて、あっという間に時間が経ちました。
運命の相手!と感じたわけではなく、どちらかというと普通の印象。とりあえずもう一度会ってみようかと思い、交際希望の返事をたそうです。

ここ数回のお見合いでなかなかうまく話せなかったのもS希さまが落ち込んでいた理由。

緊張していたのに、あっという間に過ぎたお見合いの時間。

また、旦那様の声が素敵で癒されると感じたそうです。これこそフィーリングがいいってことですよね。

旦那様からも交際へのお返事が届きました。

お互いが、第一印象から超よかった!という訳ではなく、ここからゆっくりと二人は仲良くなっていきます。

なんとなく好きになっていった

お話し上手な旦那さま

旦那さまとは、プロポーズ後の成婚退会時と今回のzoomでS希さまを交えて、2回お会いさせていただきました。

偶然ですが、ひなたのご縁のご成婚者さまと職場が同じ方でした。コミュ力に長けてて、イケボで穏やかにお話されるので、聞いてて心地いいんですよね。

グルメにも詳しく、三人でのお話の中でも鹿児島宮崎の美味しいお店の話題で大いに盛り上がりました。

会話の中にサラリとブラックジョークを交えるユーモアがあります。そしてS希さまも仰るように、声が素敵で、話していて心地いい方です。

もともと、自分とは違う性格の男性がいいって仰っていたS希さま。確かにS希さまとはまた違った魅力をお持ちの方です。

旦那さんは、私とは真逆まではいかないけど、全然違う性格ナです。父や妹に雰囲気が似てて、一緒にいるのが自然な感じです。

ここからは、旦那さまも一緒に出会いからプロポーズ、現在までを振り返っていきます。

初回デートでも普通の印象

同じ鹿児島県といっても、二人の居住地は離れています。日南と延岡を想像してもらえると分かりやすいかと。

最初のデートは、中間地点の鹿児島駅付近のカフェ。

私もまだ全然緊張していて、淡々とお話しデートをしたって感じでした。

初回デートの印象UPした!という訳でもなかったとのこと。

初回と二回目くらいまでは、だいたいこんな感じで普通です。これも結婚相談所ではよくあることです。

デートの予定が立てやすい

そんなに惹かれ合ってあったわけではなかったけど、デートが続いていったのには、お互いのフットワークの軽さと、婚活のタイミングもあったそうです。

私自身もちょうど婚活がうまく行っていなかったタイミングでした。婚姻歴もあるし、転勤族なので、その辺の理解がある方もそういなくって。
二人ともフットワークが軽いので、デート予定がすぐに立つんです。会う頻度が高かったのがよかったんですよね。

4回目の水族館デートから変化が

鹿児島水族館デートで、急に親密になったと仰るおふたり。なんと電話で9時間話したこともあるそうです(驚)。

お互いが「○○に惹かれた!」というわけではなく、あくまで何となく親密になっていったそうです。

S希さんは、レスが早くてコミュ力もあるので、話してて楽しいんですよね。

「S希さんはコミュ力が高い」と旦那様は仰いますが、S希さまは、喋るのが苦手なんだそうです。

でも旦那さまの前のS希さまは、素の自分でいられて、自然に話せていたんでしょうね。

おしゃべり上手な彼といるとラクだなといつも思っています(笑)。このお話でも旦那さんがリードしてうまく伝えてくれるんで(笑)。

そんな自然な流れで、惹かれ合い、真剣交際を意識するようになったそうです。

それって、『一緒に働いていた職場の同僚と自然に仲良くなり結婚した』ケースに似ている感じもしますよね。

真剣交際へ

「いつでもいいですよ?私は好きですけど。」

おでかけデートを重ねるうちに、S希さまは真剣交際に進みたいという気持ちに変化していました。

「(真剣交際は)いつでもいいですよ?私は好きですけど。」ってはっきり伝えました(笑)。

こうして女性に言われると男性は、とっても嬉しいもんですよね~(笑)。

察して欲しいって女性って鹿児島には多くいるように感じます。自分の意見をちゃんと伝えてくれるのが嬉しいですよね。

私も会員様のサポートをする中で、しょっちゅう思うんですよね。

結婚相談所では、ご自身が言いにくいことは、担当カウンセラーを通じてお伝え出来ますが、「ご自身でちゃんと言った方が、相手も喜んでくれるのに~」ってもどかしい時もあるんです。

真剣交際の告白はシンプルに

真剣交際への告白は、「結婚前提にお付き合いしてください」とシンプルにお伝えしたそうです。

S希さんから想いを聞いていたから、(告白は)答え合わせをしたって感じでした。男性からしたら、嬉しい状況だったと思います。
S希さまは、話すのが苦手とご自身で仰いますが、大切なことはちゃんと言葉にして伝えることができます。口数は多くなくても、言葉を丁寧に伝えられるS希さまは、実はコミュ力高いんですよね。

こうして二人は結婚に向かって大きく前進しました。

そしてプロポーズへ

真剣交際になってから

真剣交際に進んでからも、デート頻度が高く毎週のようにお会いしていたそうです。

居心地がいいからこそ、ケンカもよくしていたとか。

プチケンカというか些細なケンカはよくしていました。「今の言い方、よくないんじゃない?」みたいな(笑)。
今でもよくケンカしますが、お互いがスグに謝るんですよね、だから仲直りが早いです。言いたいことをため込まないでいられるのがいい関係だと思います。

言いたいことちゃんと言える関係になれば、当然ケンカも起こります。大事なのは仲直りしたいって気持ちをちゃんと伝える事ですよね。

結婚後の話もたくさんした

真剣交際のデートの中で、結婚後に大切なことについても話し合っていったそうです。

S希さまは、婚活を始めたころ、実家の近くに住みたいって思っていました。

居住地間に桜島を挟んでいたので、行き来にはフェリーも使います。より遠くに感じてしまうでしょうし、旦那様は、転勤族です。鹿児島を離れる可能性もありますよね。

家族と離れたくないから、近くの人って思っていました。でも婚活で他県の方と会ったり、旦那さんと会う中でも、考えが変わってきて(笑)。

「転勤があっても構いません。今はどこでもいいかなって思っています。」と仰るS希さま。

結婚後に住む場所もそうですが、結婚相談所の婚活では、プロポーズ前に「次の将来」について話をします。

交際も3ヵ月となり、毎週のようにお会いしていたお二人。そろそろ結婚についての話題も増えてきました。

結婚観だけじゃなくって、日頃から言いたいことを伝えてしまっていたので、「私は別れたくないけど、フラれちゃうかもな」と不安もありました。
S希さんの気持ちを聞いた上で、「進むかやめるか」なら「進む」だな。じゃあ進もう!と思いプロポーズをしようって。
この人が好き!という気持ちがあれば、S希さまと旦那さまのように、結婚観の違いもお互いが歩み寄って解決していけると思います。

出会って4カ月目にプロポーズ

S希さまのご両親にご挨拶に行かれたお二人。

ご両親に挨拶を済ませ、二人になったタイミングで、旦那さまは、「結婚してください」とストレートに伝えたそうです。

私もごく普通に、「ふつつかものですが、宜しくお願いします」と答えてプロポーズを受けました(笑)。

シンプルだけど、嬉しいですよね~。お二人らしいプロポーズです。

こうして、S希さまはひなたのご縁を退会となりました。LINE履歴を読み返すと、たった1年ちょっとでしたが、たくさんの思い出がよみがえります。

現在のおふたり

プロポーズから半年でご入籍

プロポーズから数か月後、彼の部屋にそのままお引越しされました。

一人暮らしのつもりで住んでいたので、二人には少し狭い部屋ですが、なんだかんだうまく暮らしています。
立地もよくって、周辺に美味しいお店も多いので、居心地いいですよ。

居心地いい環境って、家の広さじゃないですよね。二人が無理せずに、協力して家事をしたり二人の時間、それぞれの時間を過ごしていられる関係性こそ居心地の良さです。

ちなみに、交際中のころから、旦那さまが食事を作ってくれたこと多かったそうで、S希さまはお手伝いしながら、手際の良さに驚いていたそうです。

お似合いのご夫婦

お話上手の旦那さまと、口数は多くないけど、鋭いことをサラリと仰るS希さま。

今回のzoomでのお話でも、旦那さまがリードしてくれる中で、S希さまがキッチリと締めてくれる。息がピッタリ合っているお似合いの夫婦です。

これからもいっぱいケンカして、スグに仲直りして、もっともっと仲良くなっていくんでしょうね。

またお会いするのが楽しみです!宮崎に寄られたら、ご連絡くださいね!

プロフィール

活動コース

アクティブコース

交際期間

4ヶ月

最終学歴

高等学校卒業

ご職業

一般事務

S希さまは、目鼻立ちの整った美人さん。ひなたのご縁で1年2か月婚活し、昨年末ご婚約し退会。先月ご入籍されたとの連絡をいただきました。

S希さまは、これまで男性とのお付き合いを経験したことがなかったそうです。
一人はいやだな~って。でも婚活を始めようにも、そもそもどうしていいか分からず、マッチングアプリを検討したんですが、家族から反対され、結婚相談所を検討しました。

結婚相談所をネットで調べるようになり、鹿児島の結婚相談所に無料面談に行かれたそうです。

ちょっと対応が微妙に感じて、鹿児島以外に目を向けようって思い、ひなたのご縁へ行きました。上原さんの感じもよかったんで入会をきめました。

結婚相談所のカウンセラーにも相性って大切です。S希さまと私は相性が良かったということです。

ちょうど鹿児島の会員様も増えており、ご成婚カップルも増えてきていました。宮崎と鹿児島では、県民性も似ていますし、何よりS希さまのお人柄に惹かれ、応援したい気持ちになりました。

S希さまとは、何度もプロフィールを見直したり、S希さまに合う相手を考えたり、落ち込んだ時も嬉しい時もたくさん一緒に過ごした、印象深い女性会員様です。

S希さまと旦那様、ご入籍してひと月後。S希さまご夫妻と先日zoomでお話しをしました。

今回は、旦那様も交えて、S希さまの婚活を振り返っていきたいと思います。

旦那様と出会うまで10カ月

遠方でもスムーズに活動スタート

S希さまは、ご入会準備で2回、宮崎までお越しいただきました。

  • 1回目→初めての無料面談、契約前のご契約書をお渡しする
  • 2回目→ご契約、写真撮影、プロフィール面談
ひなたのご縁では、無料面談時でのご契約は行っていません。ご契約をお決めいただいた方にも、契約書類をお渡しし、次回お会いする際にご契約を行います。

またS希さまには必要ございませんでしたが、おススメする美容室や洋服ショッピング同行をする場合でもなるべく1回目で終わるように時間調整をしています。

宮崎までは電車で行っていましたが、撮影も面談も楽しくできました。婚活中の面談では、数回宮崎・都城まで行きましたが、もともと移動は苦ではないんですよね。

S希さまの魅力の一つに、フットワークの軽さがあります。婚活では本当に大切で、旦那さまとのご縁が実った理由の一つだと思います。

婚活中のご面談もオンラインだけではなく、2.3カ月に一度は宮崎まで来ていただいてご面談をしていました。

お見合いは積極的に受けるスタンス

S希さまは、ご自身に届いたお見合い申込みは、積極的に受けていました。

上原さんもよく話していましたが、「お会いしてみないと分からないよね」って、私も思っていました。
大きな年齢差がある方や明らかに合わなさそうな方からのお見合い申込があれば、私のほうでお取次ぎをしないようにしていました。

好きになれなくて、婚活疲れに

旦那様と初めてお会いするまでの1年弱。交際に進んだお相手も複数いらっしゃいましたが、なかなか先に進むことのできないS希さま。

『性格はいいんだろうけど、タイプじゃない』と前に進めないのはどの方も同じです。

性格や人柄がいいって分かっていても、恋愛感情が芽生えることがなくって、何回もそれを繰り返すうちに好きになる人が出来るのか不安に思うようになっていきました。
よく結婚相談所の婚活って「10年先の幸せを考えて」なんて聞きますが、私は「今のトキメキ」だって大事だと思います。

”10年先”なんて漠然としか分かりません。でも、“今この瞬間”は、ハッキリしています。

”10年先”と“今この瞬間”のバランスが大切です。

都城での面談から一気に好転

落ち込んだまま、お見合いを続けていても、なかなかうまく行かないものです。

『申し込まれたお見合いをこなしていく』のが続いてしまい、S希さまは婚活疲れに陥ってしまっていました。

そんな時って面談もしんどいですよね。ただでさえ遠いのに、ひなたのご縁に来るのも嫌になってしまうものです。

そんな時は、ひなたのご縁サロンを出て、外でお話することも多いです。S希さまとは、近隣のお店でホットドッグを食べながら話すこともありました。

この時のご面談は、都城の牛丼チェーンの松屋。安いお店で申し訳ないのですが、お食事しながらのご面談でした。

数か月うまく行かないことが続いていて、「もうダメだ」っていう気持ちと「諦めたくないな」って思う気持ちがどっちもありました。

鹿児島の自宅に帰り、届いていたお見合いを受けることを決めていただいた、S希さま。

この日にお見合いを決めたお相手こそが現在の旦那さまです。運命って分からないものですね。

旦那様との出会い

気が重かったお見合い当日

婚活への気持ちが薄れたまま、迎えたお見合い当日。

お見合い場所に早めに到着して、お席で旦那様を待っていましたが、その時間も気が重かったそうです。

「今回もダメだろうな~」と思っていたようで、思えばこれまでの婚活の中で一番のどん底にいたタイミングだったように思えます。

声がよくって癒される方だなって

S希さまより少し遅れて到着した旦那様。お会いしてみると思いのほか、楽しい時間を過ごせたそうです。

実際に会うと、プロフィールとは違う印象を受けることも多いんですが、彼はプロフィールそのままの感じでした。口下手な私でも話しやすくて、あっという間に時間が経ちました。
運命の相手!と感じたわけではなく、どちらかというと普通の印象。とりあえずもう一度会ってみようかと思い、交際希望の返事をたそうです。

ここ数回のお見合いでなかなかうまく話せなかったのもS希さまが落ち込んでいた理由。

緊張していたのに、あっという間に過ぎたお見合いの時間。

また、旦那様の声が素敵で癒されると感じたそうです。これこそフィーリングがいいってことですよね。

旦那様からも交際へのお返事が届きました。

お互いが、第一印象から超よかった!という訳ではなく、ここからゆっくりと二人は仲良くなっていきます。

なんとなく好きになっていった

お話し上手な旦那さま

旦那さまとは、プロポーズ後の成婚退会時と今回のzoomでS希さまを交えて、2回お会いさせていただきました。

偶然ですが、ひなたのご縁のご成婚者さまと職場が同じ方でした。コミュ力に長けてて、イケボで穏やかにお話されるので、聞いてて心地いいんですよね。

グルメにも詳しく、三人でのお話の中でも鹿児島宮崎の美味しいお店の話題で大いに盛り上がりました。

会話の中にサラリとブラックジョークを交えるユーモアがあります。そしてS希さまも仰るように、声が素敵で、話していて心地いい方です。

もともと、自分とは違う性格の男性がいいって仰っていたS希さま。確かにS希さまとはまた違った魅力をお持ちの方です。

旦那さんは、私とは真逆まではいかないけど、全然違う性格ナです。父や妹に雰囲気が似てて、一緒にいるのが自然な感じです。

ここからは、旦那さまも一緒に出会いからプロポーズ、現在までを振り返っていきます。

初回デートでも普通の印象

同じ鹿児島県といっても、二人の居住地は離れています。日南と延岡を想像してもらえると分かりやすいかと。

最初のデートは、中間地点の鹿児島駅付近のカフェ。

私もまだ全然緊張していて、淡々とお話しデートをしたって感じでした。

初回デートの印象UPした!という訳でもなかったとのこと。

初回と二回目くらいまでは、だいたいこんな感じで普通です。これも結婚相談所ではよくあることです。

デートの予定が立てやすい

そんなに惹かれ合ってあったわけではなかったけど、デートが続いていったのには、お互いのフットワークの軽さと、婚活のタイミングもあったそうです。

私自身もちょうど婚活がうまく行っていなかったタイミングでした。婚姻歴もあるし、転勤族なので、その辺の理解がある方もそういなくって。
二人ともフットワークが軽いので、デート予定がすぐに立つんです。会う頻度が高かったのがよかったんですよね。

4回目の水族館デートから変化が

鹿児島水族館デートで、急に親密になったと仰るおふたり。なんと電話で9時間話したこともあるそうです(驚)。

お互いが「○○に惹かれた!」というわけではなく、あくまで何となく親密になっていったそうです。

S希さんは、レスが早くてコミュ力もあるので、話してて楽しいんですよね。

「S希さんはコミュ力が高い」と旦那様は仰いますが、S希さまは、喋るのが苦手なんだそうです。

でも旦那さまの前のS希さまは、素の自分でいられて、自然に話せていたんでしょうね。

おしゃべり上手な彼といるとラクだなといつも思っています(笑)。このお話でも旦那さんがリードしてうまく伝えてくれるんで(笑)。

そんな自然な流れで、惹かれ合い、真剣交際を意識するようになったそうです。

それって、『一緒に働いていた職場の同僚と自然に仲良くなり結婚した』ケースに似ている感じもしますよね。

真剣交際へ

「いつでもいいですよ?私は好きですけど。」

おでかけデートを重ねるうちに、S希さまは真剣交際に進みたいという気持ちに変化していました。

「(真剣交際は)いつでもいいですよ?私は好きですけど。」ってはっきり伝えました(笑)。

こうして女性に言われると男性は、とっても嬉しいもんですよね~(笑)。

察して欲しいって女性って鹿児島には多くいるように感じます。自分の意見をちゃんと伝えてくれるのが嬉しいですよね。

私も会員様のサポートをする中で、しょっちゅう思うんですよね。

結婚相談所では、ご自身が言いにくいことは、担当カウンセラーを通じてお伝え出来ますが、「ご自身でちゃんと言った方が、相手も喜んでくれるのに~」ってもどかしい時もあるんです。

真剣交際の告白はシンプルに

真剣交際への告白は、「結婚前提にお付き合いしてください」とシンプルにお伝えしたそうです。

S希さんから想いを聞いていたから、(告白は)答え合わせをしたって感じでした。男性からしたら、嬉しい状況だったと思います。
S希さまは、話すのが苦手とご自身で仰いますが、大切なことはちゃんと言葉にして伝えることができます。口数は多くなくても、言葉を丁寧に伝えられるS希さまは、実はコミュ力高いんですよね。

こうして二人は結婚に向かって大きく前進しました。

そしてプロポーズへ

真剣交際になってから

真剣交際に進んでからも、デート頻度が高く毎週のようにお会いしていたそうです。

居心地がいいからこそ、ケンカもよくしていたとか。

プチケンカというか些細なケンカはよくしていました。「今の言い方、よくないんじゃない?」みたいな(笑)。
今でもよくケンカしますが、お互いがスグに謝るんですよね、だから仲直りが早いです。言いたいことをため込まないでいられるのがいい関係だと思います。

言いたいことちゃんと言える関係になれば、当然ケンカも起こります。大事なのは仲直りしたいって気持ちをちゃんと伝える事ですよね。

結婚後の話もたくさんした

真剣交際のデートの中で、結婚後に大切なことについても話し合っていったそうです。

S希さまは、婚活を始めたころ、実家の近くに住みたいって思っていました。

居住地間に桜島を挟んでいたので、行き来にはフェリーも使います。より遠くに感じてしまうでしょうし、旦那様は、転勤族です。鹿児島を離れる可能性もありますよね。

家族と離れたくないから、近くの人って思っていました。でも婚活で他県の方と会ったり、旦那さんと会う中でも、考えが変わってきて(笑)。

「転勤があっても構いません。今はどこでもいいかなって思っています。」と仰るS希さま。

結婚後に住む場所もそうですが、結婚相談所の婚活では、プロポーズ前に「次の将来」について話をします。

交際も3ヵ月となり、毎週のようにお会いしていたお二人。そろそろ結婚についての話題も増えてきました。

結婚観だけじゃなくって、日頃から言いたいことを伝えてしまっていたので、「私は別れたくないけど、フラれちゃうかもな」と不安もありました。
S希さんの気持ちを聞いた上で、「進むかやめるか」なら「進む」だな。じゃあ進もう!と思いプロポーズをしようって。
この人が好き!という気持ちがあれば、S希さまと旦那さまのように、結婚観の違いもお互いが歩み寄って解決していけると思います。

出会って4カ月目にプロポーズ

S希さまのご両親にご挨拶に行かれたお二人。

ご両親に挨拶を済ませ、二人になったタイミングで、旦那さまは、「結婚してください」とストレートに伝えたそうです。

私もごく普通に、「ふつつかものですが、宜しくお願いします」と答えてプロポーズを受けました(笑)。

シンプルだけど、嬉しいですよね~。お二人らしいプロポーズです。

こうして、S希さまはひなたのご縁を退会となりました。LINE履歴を読み返すと、たった1年ちょっとでしたが、たくさんの思い出がよみがえります。

現在のおふたり

プロポーズから半年でご入籍

プロポーズから数か月後、彼の部屋にそのままお引越しされました。

一人暮らしのつもりで住んでいたので、二人には少し狭い部屋ですが、なんだかんだうまく暮らしています。
立地もよくって、周辺に美味しいお店も多いので、居心地いいですよ。

居心地いい環境って、家の広さじゃないですよね。二人が無理せずに、協力して家事をしたり二人の時間、それぞれの時間を過ごしていられる関係性こそ居心地の良さです。

ちなみに、交際中のころから、旦那さまが食事を作ってくれたこと多かったそうで、S希さまはお手伝いしながら、手際の良さに驚いていたそうです。

お似合いのご夫婦

お話上手の旦那さまと、口数は多くないけど、鋭いことをサラリと仰るS希さま。

今回のzoomでのお話でも、旦那さまがリードしてくれる中で、S希さまがキッチリと締めてくれる。息がピッタリ合っているお似合いの夫婦です。

これからもいっぱいケンカして、スグに仲直りして、もっともっと仲良くなっていくんでしょうね。

またお会いするのが楽しみです!宮崎に寄られたら、ご連絡くださいね!